血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血管ケアが大切なわけ

日本人の4人に1人は、血管事故が死因!?

日本人の死因の第1位は「がん」ですが、第2位の心疾患(心筋梗塞や狭心症など)と 第3位の脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を合わせると、日本人の約4分の1が血管の病気である心血管病、 つまり『血管事故』で亡くなっています。
なぜ血管事故は、がんに匹敵するほどの割合を占めているのでしょうか。 その理由の1つに、血管は物言わぬ臓器、「サイレントキラー」といわれ、兆候や自覚症状がないことが挙げられます。 「昨日まで元気だったあの人が!まさか!」というように、突然血管が詰まってしまう血管事故を引き起こさないよう、日頃から血管ケアがとても重要になるのです。