血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血管の老化と「血管事故」のメカニズム

「人は血管とともに老いる」という言葉があるように、私たちの体が老いる大きな要因の一つが、「血管の老化」です。
血管が老化すれば、本来なら弾力性がある血管が、硬く、厚く、血液の通り道である内腔が狭くなっていきます。それに伴って血液の流れも悪くなり、体内の循環もドロドロと滞りがちになります。弾力性がなければ、末梢まで血液を送ることもままならなくなります。

年相応に血管の老化が進むのはいたしかたのないことですが、近年問題となっているのは、欧米型の偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣の変化が原因で、肥満・高血圧・高血糖・高コレステロールといった、いわゆる「メタボリックシンドローム」や、ストレスなどにより、実際の年齢よりも動脈硬化が加速している、ということです。
動脈硬化が進むにつれ、血管の内側が傷つきやすくなり、悪玉コレステロールなどが血管内皮にもぐりこみ、血管内にプラークと呼ばれる瘤(こぶ)ができることがあります。
このプラークが、ある日突然破れて血栓ができ詰まってしまう、これが『血管事故』です。