血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血管事故によって起こる病気とは?

「血管が詰まる・破れる」ことは全身のどの血管でも起こります。しかし、心臓や脳の血管が突然破れるという『血管事故』は、命にかかわる重篤な症状を招いてしまいます。

心筋梗塞

心臓の筋肉に酸素や栄養を送り届ける血管(冠動脈)が詰まってしまう状態のこと。 血管が詰まると、その先に酸素や栄養が届かないため、心臓の筋肉が酸欠と栄養失調になり、 組織が死んでしまいます。 激しい胸の痛みを伴います。

狭心症

冠動脈が狭くなり、血液の流れが悪くなったり、一時的に血流が途絶えたりする状態のこと。体を動かした時や、興奮した時に心筋が酸素不足になり、胸が締めつけられるような痛みの発作が起こります。

脳梗塞

脳に酸素と栄養を送り届ける血管が詰まってしまう状態のこと。 脳血管内でプラークが破れて血栓ができるだけでなく、 不整脈のひとつである心房細動などで心臓にできた血のかたまりが脳の血管内に流れてきて詰まる場合もあります。 突然、手足の麻痺や・しびれ、会話しにくいといった症状が起こり、後遺症が残ったり、ひどい場合には、命をおとすこともあります。

脳出血

脳に酸素と栄養を送り届ける細い動脈が破れ、脳のなかに出血した状態のこと。 細い動脈にできたプラークが破れ起こることが多いと言われています。 意識障害・運動まひ・感覚障害などの症状があらわれます。

くも膜下出血

脳を囲んでいる頭がい骨を通過して脳に酸素と栄養を送り届けている動脈が破れる状態のこと。 脳は「くも膜」「軟膜」「硬膜」という3つの膜で覆われていますが、くも膜下出血は、「くも膜」と「軟膜」の間に出血をします。

「閉塞性動脈硬化症」って?

腰から下、主に足の血管に動脈硬化が起こり、血流が悪くなることで起こる病気に、「閉塞性動脈硬化症」というものがあります。
下肢の冷えや皮膚色の変化からはじまり、ひどくなると、数十から数百m歩くだけで痛みのため歩行継続不可能になる症状(間欠性跛行:かんけつせいはこう)が起こります。
命にかかわる疾患ではありませんが、放っておくと安静にしていても足が痛むようになり、血流が非常に悪くなると下肢の皮膚潰瘍、さらには下肢の壊死で切断を余儀なくされる場合もあります。