血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血管ケアフォーラムについて

血管ケアフォーラム設立趣旨

現在、日本は健康長寿国として世界的に知られ、日本人の平均寿命は男性78.53歳、女性85.49歳(厚生労働省『平成17年簡易生命表』より)と世界最高水準にあります。しかしながら高度経済成長を経た日本人のライフスタイルは、食を中心に大きな変貌を遂げ、その結果として、がん、心臓病、脳血管障害といった生活習慣病が増加しています。また最近はメタボリックシンドロームという新しい疾患概念が提唱され注意が呼びかけられています。つまり、私たちは長生きになったものの必ずしも健康とはいえない状況にあります。そしてこのことは、私たちひとりひとりの問題であると同時に、医療経済的な視点からみれば、高齢化が加速する日本にとって国家的な課題でもあるともいえ、これら疾患の「治療」から「予防」へ向けたパラダイムシフトが求められています。

一方、日本人の三大死亡原因は「がん」「心疾患」「脳血管障害」です。「心疾患」「脳血管障害」は、いずれも「血管」の疾患であることから、これらを合わせた「心血管病」としてみると、その数は「がん」にほぼ匹敵(女性においてはがんを超えて死亡原因の第1位となります)します(厚生労働省『平成17年人口動態統計』より)。したがって、「治療」から「予防」へ向かうためには、これまで心血管病のバロメーターとされた「血圧」に加えて「血管」をケアするという考え方が必要といえます。また心血管病の原因となる高血圧は、サイレントキラーと呼ばれる通り、自覚症状がないままに血管の障害を進行させます。そのため、これらに意識を持ってもらうためには専門家による知識の普及に向けた取り組みと、発症してから「薬」に頼るのではなく未病の段階から「食品」を活用した日常的な取り組みが求められます。

これらの取り組みを進めることができれば、心血管病はもとより、さまざまな体の不調が改善するとともに、QOL(生活の質)の向上にもつながり、日本は本当の意味で健康長寿国になることができます。

このような背景から「血管ケアフォーラム」は、QOLの向上から心血管病の予防まで、血管ケアの重要性に対する知識の普及と、その中で食品が果たす役割・可能性について、乳由来の機能性成分年齢ペプチドに焦点をあてながら、国内外の学識者を交えて広く検討、情報発信を行うことで、現代人の健康に貢献することを目的として設立するものです。

血管ケアフォーラム メンバー

藤田敏郎 東京大学先端科学技術研究センター特任教授・名誉教授

1972年慶應大学医学部卒業。1976年米国立衛生研究所(National Institutes of Health)に留学後、 1978年筑波大学講師、1989年東京大学第四内科助教授を経て1995年同大学第四内科教授就任。 1997年東京大学大学院医学系研究科教授、2012年より現職。内科学会理事長・会頭、高血圧学会理事長・会長、腎臓学会会長、内分泌学会会長を歴任。

高沢謙二 東京医科大学八王子医療センター病院長・循環器内科教授

1979年東京医科大学卒業後、同大学大学院入学及び同第二内科入局。自治医科大学循環器内科へ研究出張後、東京医科大学第二内科へ帰局。東京医科大学第二内科助教授を経て教授となり、2005年東京医科大学八王子医療センター循環器内科科長、副センター長に就任。2009年センター長(現センター病院長)就任、現在に至る。
役職として日本心血管画像動態学会理事、日本臨床生理学会理事、日本心臓病学会理事、日本高血圧学会評議員を務める。

杤久保修 横浜市立大学特任教授・名誉教授

1968年横浜市立大学医学部卒業。同年横浜市立大学医学部第2内科入局、1992年横浜市立大学医学部付属浦舟病院第2内科専任助教授(部長兼務)、1998年横浜市立大学医学部公衆衛生学教授就任。2000年より大学院医学研究科情報システム予防医学教授。
役職として日本高血圧学会功労会員、神奈川県予防医学協会理事なども務める。

池谷敏郎 医療法人社団池谷医院院長兼理事長 東京医科大学循環器内科客員講師

1988年東京医科大学卒業。同大第2内科入局。1989年埼玉県戸田中央総合病院循環器内科勤務。1991年東京医科大学病院第2内科勤務。1995年池谷医院内科・循環器科勤務。97年より現職。

足立香代子 せんぽ東京高輪病院栄養管理室長

1968年中京短期大学家政科卒業。八木病院、北青山病院を経て、1985年より東京船員保険病院(現せんぽ東京高輪病院)に勤務。栄養管理室長として、豊富な臨床経験をもとにした、個人個人の立場(疾病状態、健康状態、生活状態や精神状態などの生活の質を考慮)に立った新しい栄養指導に取り組んでいる。

※順不同・敬称略

協賛企業