血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血圧があがる仕組み

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管に与える圧力のこと。心臓の収縮期の血圧を最高血圧(上の血圧)といい、心臓の拡張期の血圧を最低血圧(下の血圧)といいます。
血圧は「血圧=心拍出量×末梢血管抵抗」で表されます。「心拍出量」と「末梢血管の抵抗」という2つの因子が、何らかの要因により増加すると血圧は上昇します。
「心拍出量」を増加させる要因として塩分の摂りすぎ、「末梢血管抵抗」を増加させる要因として動脈硬化などがあります。さらに両者に影響するものとして、昇圧物質であるレニン・アンジオテンシン系のホルモン分泌の増加や、降圧物質であるキニン・カリクレイン系のホルモン分泌障害などがあります。
血圧をケアするには、単純に塩分を控えるだけでは不十分であり、「心拍出量」と「末梢血管抵抗」両者に働きかける生活習慣が必要です。酸乳由来の天然成分である「年齢ペプチド」も、両者に働きかけて血圧を健康的に下げるのに役立ちます。