血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

知っておきたい血圧の分類

高血圧治療ガイドラインでは、病院など診察室で測定する上腕血圧以外に、家庭での血圧測定、および1日の血圧値の推移を知ることができる24時間の血圧測定を推奨したりと、新しい概念での血圧測定を紹介しています。
それにより、これまでは発見できなかった『隠れ高血圧』を早期に見つけだすことができます。

白衣高血圧

診察室で測定すると常に高血圧だが、家などの非医療環境で測定すると正常な状態。

仮面高血圧

白衣高血圧とは逆に、診察室で測定すると正常だが、家などの非医療環境で測定すると高血圧な状態。 早朝や夜間の血圧が高い、職場などのストレス下で血圧が上がるといったケースも、この仮面高血圧に含みます。
仮面高血圧はその名の通り、高血圧の診断がつかないまま、放置されている可能性があります。推定では人口の15%、正常血圧者の10%が、このタイプの高血圧に該当するのではないかと考えられています。

中心血圧

上腕の血圧ではなく、心臓がぎゅっと血液を送りだした直後、心臓の大動脈部分で発生する血圧のことを、中心血圧といいます。
この中心血圧は、心臓付近の血管の硬さを知ることができ、 “サイレントキラー”と呼ばれる心筋梗塞の危険性を事前に知ることができるとして、 多くの専門家から注目を集めています。

中心血圧はどうやって測るの?

以前は中心血圧を測定するには、心臓近くの大動脈にカテーテルという管を通さなければなりませんでした。
しかし、現在は手首の橈骨(とうこつ)に専用の医療機器を当てることで、中心血圧を測定できるようになりました。
中心血圧は、「駆出圧」と「反射圧」から成り立っています。「駆出圧」とは心臓が血液を送り出す圧のこと、 「反射圧」とは心臓が血液を送り出した時に、全身の血管に跳ね返ってくる圧のことです。
ボールを硬い地面に落とした時のことを想像してみてください。 それと同じで血管が硬ければ硬いほど跳ね返りの強さが増すため反射圧は高くなります。 そして、駆出圧に対して反射圧がどれくらいの割合を占めているかを示す「AI 値」を測定することによって管理することが可能です。