血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

血管年齢 改善効果

「年齢ペプチド」は、血管の柔軟性や収縮・拡張を調整する、血管内皮細胞の機能をサポートするという働きによって、血管をしなやかにすることが分かっています。
そして今医学界で、血管のしなやかさを示す指標として注目されているのが『血管年齢』で、自分の血管の硬さが何歳相当かを知ることができます。
そこで、「年齢ペプチド」の摂取前後で血管年齢に変化が起こるのかを調べました。

【試験内容】

41~73歳(平均61±10歳)の軽症高血圧患者20人(男性4人、女性16人)に、 「年齢ペプチド」を8週間毎日飲用してもらったところ、平均66歳±9歳から平均58歳±10歳へと血管年齢が若くなりました。

この試験結果は、2007年第61回日本栄養・食糧学会にて発表されました。
血管年齢を若返らせるためには、何より生活習慣の改善が大切です。しかし、「年齢ペプチド」という食品を日々の食生活の中で取り入れることにより、血管年齢を低下されることができる、という点で、専門家から大きな期待を寄せられており、現在さらなる研究が進められています。