血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

年齢ペプチドが血圧を下げるメカニズム

「年齢ペプチド」は、血圧を上昇させる物質を作り出すACE(アンジオテンシン変換酵素)をブロックし、 その働きを阻害することで、 血圧に関係する体内の2つの系(昇圧機構と降圧機構)に働きかけ高血圧を抑制します。

年齢ペプチドの血圧に対する効果

1:昇圧機構(レニン・アンジオテンシン系)阻害作用

「年齢ペプチド」は、血圧を調節するレニン・アンジオテンシン系という昇圧機構を遮断する作用があります。 レニン・アンジオテンシン系では、次のような仕組みで血圧が上がります。

  1. 腎臓で産生されたレニンという物質が、肝臓で産生された血液中のアンジオテンシノーゲンという物質に作用し、アンジオテンシンⅠを作る。
  2. アンジオテンシンⅠが、ACE(アンジオテンシン変換酵素)などの作用により、血圧を上げる物質であるアンジオテンシンⅡに変換される。
  3. アンジオテンシンⅡは強力な血管収縮作用をもっているため、血管が収縮し、その結果として血圧が上がる。

「年齢ペプチド」は、このACEの働きを阻害し、血管収縮作用をもつアンジオテンシンⅡの量を少なくすることで、 レニン・アンジオテンシン系の昇圧機構を遮断し、血圧の上昇を抑制します。

2:降圧機構(キニン・カリクレイン系)促進作用

「年齢ペプチド」は、血圧を調節するもうひとつの系、キニン・カリクレイン系という降圧機構を促進する作用があります。

  1. 腎臓、血漿、血管壁などにあるキニノーゲンという物質が、カリクレインという酵素により、血圧を下げる作用を持つブラジキニンという物質に変換される。
  2. ACEが、このブラジキニンを分解して不活性化させ、その結果として血圧が上がる。

「年齢ペプチド」は、このACEの働きを阻害し、ブラジキニンの不活性化を防ぐことで、降圧機構を促進し、血圧の上昇を抑制します。