血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

日本生まれの機能性成分

「年齢ペプチド」が生成されるおおもととなるのは発酵乳(乳酸菌発酵した乳)です。 発酵乳を食べている人々は寿命が長いことが古くから知られており、その研究の端緒は20世紀初頭のメチニコフ(Ilya Ilyich Mechnikov)の不老長寿説までさかのぼります。 以来、今日までに整腸作用、抗腫瘍作用、免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、腎障害抑制作用などさまざまな機能が明らかにされています。

「年齢ペプチド」は、これら発酵乳の研究が進む中で“高血圧 ”を抑制する有効成分として1993年、日本人研究者の手によって発見されました。さらにその後、血管への様々なはたらきに関する研究成果が発表され、多くの専門家の注目を集めています。