血管年齢を下げる注目の機能性成分「年齢ペプチド」で治療から予防へ
年齢ペプチド血管・血圧ケアフォーラムへのお問い合わせ

「年齢ペプチド」のプロフィール

このページの先頭へ 「年齢ペプチド」とは、乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスの発酵乳から発見された、 乳由来の成分VPP(バリン/プロリン/プロリン)とIPP(イソロイシン/プロリン/プロリン)の2種類のペプチド※を総称したものです。 正式名称を「ラクトトリペプチド」といいます。

※ペプチド:タンパク質を分解する過程で得られるアミノ酸が数個つながったもので、 アミノ酸にはないさまざまな機能を持つことから近年機能性成分として注目されています。

このページの先頭へもともとVPP、IPPのアミノ酸配列は、乳タンパク質のカゼイン中に含まれていて、 これらが乳酸菌の持つタンパク質分解酵素により、発酵の過程で分解され「年齢ペプチド」が生成されます。 つまり「年齢ペプチド」は、乳酸菌発酵で作られる乳由来の機能性成分なのです。